History

s-97_1

日高町とエンデューロ
日高町とエンデューロのかかわりは、1986年の第3回インターナショナルツーデイズエンデューロ日高町大会からさらに3年間遡った1984年のITDE=インターナショナルツーデイズエンデューロ苫小牧大会にその端緒を見いだすことができます。モーターサイクルレスキュー連盟の主催によるインターナショナルツーデイズエンデューロは、新たな開催地を日高町に求め、日高町有志の協力という形で、1986年、1987年の2回に渡り、インターナショナルツーデイズエンデューロ日高町大会を開催。1988年には、主催を地元日高町有志により構成されたHTDE実行委員会に移し、名称も日高2日間エンデューロ(ヒダカツーデイズエンデューロ)に変更。新たなスタートを切ります。その後、1999年まで地元行政の主導による開催が続けられますが、参加者数の減少、大会役員の高齢化などの要因が重なり、日高町役場内に事務局を置く実行委員会は解散、翌年より開催が休止されます。現実行委員会は、2003年に日高モーターサイクリストクラブによって設立され、旧実行委員会より事業の引継ぎを受けたものです。現在は、地元日高町行政、町民の皆様をはじめ、たくさんの方々のご協力をいただきながら開催を続けています。

1991年10月13日北海道新聞地朝刊「ハインツ・キニガドナーが2度目の総合優勝」

1991年10月13日北海道新聞地朝刊「ハインツ・キニガドナーが2度目の総合優勝」


1991年の北海道新聞記事と総合リザルト(部分)

第1回ITDEの大会プログラムの画像を掲載されている方がいらっしゃいました。

第1回ITDEの大会プログラムの画像を掲載されている方がいらっしゃいました。

参考資料
1985年 第2回 ITDE(苫小牧開催) の参加者名簿
1987年 第4回ITDE(日高町開催)の参加者名簿

s-87_1

年表
1984年 第1回 ITDE 苫小牧大会が開催される
1986年 ITDEが日高で初めて開催される
1988年 HTDEと名称変更・実行委員会も地元有志に
1993年 国際ルールのオンタイム方式に転換
1999年 旧実行委員会解散し、開催休止
2003年 日高モーターサイクリストクラブにより新実行委員会設立
2004年 5年ぶりにHTDEが開催される
2005年 MFJ全日本エンデューロシリーズの併催が開始。
2006~2007年 台風災害により休止
2008年 10月3日~5日 開催
2009年 9月4日~6日 開催
2010年 10月1日~3日 開催
2011年 9月30日~10月2日 開催
2012年 9月21日~23日 開催
2013年 9月21日~23日 開催
2014年 9月19日~21日 開催
2015年 9月18日~21日 初の3日間競技として開催
2016年 9月16日~18日 2日間競技として開催

Fame and legendary

Toshi Nishiyama

Toshi Nishiyama

1987 Malcolm Smith

1987 Malcolm Smith

1989 and 1991 Heinz Kinigadner

1989 and 1991
Heinz Kinigadner

1989 Kevin Haines

1989 Kevin Haines

1989  Larry Roeseler

1989 Larry Roeseler

1990  Tatsuya Fuji (Actor)

1990 Tatsuya Fuji (Actor)

1999  Roman Michalik

1999 Roman Michalik

1999  Mika Ahola

1999 Mika Ahola

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中